著書

2001-2017

著書
(1) “ハーフメタロセンなどの第4属遷移金属錯体触媒によるオレフィン重合”
野村琴広
「重合触媒開発・技術の今日的発展と新世代ポリマーの創製」
寺野 稔(編), 技術教育出版, 95-126 (2001). (著書分担)

(2) “重合触媒の将来展望”
“触媒活用事典” 著書分担,「触媒活用大事典」編集委員会 (編), 工業調査会, 701-710 (2004).

(3) “高分子辞典(第3版)”
高分子学会(編), 朝倉書店. (著書分担)

(4) “Design of new generation vanadium complex catalysts offering new possibilities for controlled olefin polymerization”
K. Nomura
New Developments in Catalysis Research, L. P. Bevy (Ed.), Nova Science Publishers, Inc., New York, USA 199-217 (2005). (Book Chapter).

(5) “遷移金属触媒重合による環状オレフィン系ポリマーの精密合成”
野村琴広
光学用透明樹脂における材料設計と応用技術, 技術情報協会 (編), 104-116 (2007).

(6) “高性能ハーフチタノセン錯体触媒による新規ポリマーの精密合成:極性官能基化ポリオレフィンの環境調和型の精密合成新手法”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 郷 茂夫, 寺野 稔 (編), 1, 114-119 (2008).

(7) “高性能チタン錯体触媒の配位子設計と新規ポリマーの創製”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 郷 茂夫, 寺野 稔 (編), 2, 74-79(2008).

(8) “Precise synthesis of amphiphilic polymeric nano architectures utilized by metal-catalyzed living ring-opening metathesis polymerization (ROMP)”
K. Nomura
Surface Coatings, M. Rizzo, G. Bruno (Eds.), Nova Science Publishers, Inc., New York, USA 123-152 (2009). (Book Chapter)

(9) “Copolymerization of ethylene with styrene: Design of efficient transition metal complex catalysts”
K. Nomura
Syndiotactic Polystyrene – Synthesis, Characterization, Processing, and Applications, J. Schellenberg (Ed.), John Wiley & Sons, Inc., Weinheim, Germany, 60-91 (2010).

(10) “レアメタル便覧”
丸善(株), (著書分担) 2010出版済

(11) “Precise synthesis of polyolefins containing polar functionalities by olefin coordination copolymerizations using group 4 metal catalysts”
K. Nomura, S. M. Abdellatif
Polymer Synthesis, Nova Science Publihsers, Inc., New York, USA, in press.

(12) “高性能バナジウム錯体触媒の設計・創製”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 郷 茂夫, 寺野 稔 (編), 4, 113-116 (2010).

(13) “高分子合成反応の触媒”
野村琴広
「化学マスター講座<応用>触媒化学」, 丸善出版 (株), pp. 153-164 (2011). (著書分担)

(14) “オレフィンメタセシス(前周期遷移金属触媒)”
野村琴広
触媒調製ハンドブック, (株)エヌ・ティー・エス, 338-343 (2011). (著書分担)

(15) “重合反応(メタロセン触媒)”
野村琴広
触媒調製ハンドブック, (株)エヌ・ティー・エス, 365-369 (2011). (著書分担)

(16) “新しい高性能オレフィン重合触媒の創製:MAOの要らないチタン錯体触媒の設計・創製”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 日本ポリオレフィン総合研究会(編), 5, 48-51 (2011).

(17) “錯体化合物辞典”
朝倉書店, (2011). (著書分担)

(18) “高分子合成触媒の研究における近年の変遷と今後の展望”
野村琴広
触媒技術の動向と展望2012, 触媒学会 (編), pp. 73-83 (2012). 触媒誌に転載 触媒, 54, 466-473 (2012).

(19) “Historical Stream, Trends and Outlook for Polymerization Catalysts”
K. Nomura
触媒技術の動向と展望2012 (English version), 触媒学会 (編) pp. 80-91 (2012).

(20) “ハーフチタノセン錯体触媒による効率エチレン/スチレン共重合”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 日本ポリオレフィン総合研究会 (編), 6, 48-51 (2012).

(21) “Recent Progress in Precise Synthesis of Polyolefins Containing Polar Functionalities by Transition Metal Catalysis”
K. Nomura, B. Kitiyanan
Advances in Organic Synthesis (Volume 3), Sarah A. Khan (Ed.), Bentham Science Publishers, 174-194 (2012).

(22) “環状オレフィン系ポリマーの精密合成のための高性能分子触媒”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 郷 茂夫, 寺野 稔(編), 7, 44-48 (2013).

(23) “Olefin polymerization by half-metallocene catalyst”
K. Nomura, J. Liu
Lecture Notes in Chemistry series “Organometallic Reactions and Polymerization”, K. Osakada (Ed.), Springer, 51-88 (2014).

(24) “Olefin polymerization by non-metallocene catalysts (Early transition metals)”
K. Nomura, W. Zhang
Lecture Notes in Chemistry series “Organometallic Reactions and Polymerization”, K. Osakada (Ed.), Springer, 89-117 (2014).

(25) “オレフィン重合・二量化のための高性能バナジウム錯体触媒”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 郷 茂夫, 寺野 稔(編), 8, 48-52(2014).

(26) “ファインケミカル関連触媒の現状と展望”
野村琴広
触媒技術の動向と展望2015, 触媒学会(編), 279-283 (2015).

(27) “高性能オレフィン重合触媒の創製:Imidazolidin-2-iminato配位子を有するハーフチタノセン錯体の合成とエチレン重合触媒機能”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 郷 茂夫, 寺野 稔(編), 9, 22-26 (2015).

(28) “Olefin Polymerization by Vanadium Complex Catalysts”
K. Nomura, X. Hou
Handbook of Transition Metal Polymerization Catalysts (2nd Ed.), Ray Hoff (Ed.), Wiley, accepted (2016).

(29) “Acyclic diene metathesis (ADMET) polymerization for precise synthesis of defect-free conjugated polymers with well-defined chain ends”
T. Haque, K. Nomura
Feature Papers to Celebrate the Landmarks of Catalysts, K. Hohn (Ed.), MDPI AG, Basel, Switzerland, pp. 124-143 (2016).

(30) “ハーフチタノセン触媒による環状オレフィン系共重合体の精密合成”
野村琴広
「次世代ポリオレフィン総合研究」, 郷 茂夫, 寺野 稔(編), 10, 54-58 (2016).

 

その他
(1) “Schrock研究室での思い出”
野村琴広
触媒, 38, 254-255 (1996).

(2) “第7回国際有機化学京都会議(IKCOC-7)参加報告”
野村琴広
触媒技術の動向と展望1998, 触媒学会(編), 288-289 (1998).

(3) “プロピレン二量化反応に高活性・高選択性を示すニッケル-ホスフィン系錯体触媒の開発”
野村琴広, 鈴鴨剛夫, 山本三千男, 板垣 誠
触媒, 41 (2), 122-124 (1999).

(4) “グローブボックスを利用した各種有機遷移金属錯体の合成”
野村琴広
触媒, 41 (5), 362-363 (1999).
(紹介記事:うちの研究室のノウハウ)

(5) “オレフィン重合に高い触媒活性を示す新規チタン錯体触媒の創製
-触媒活性への配位子効果と助触媒の効果-”
野村琴広, 小松隆志, 中村光穂, 今西幸男
触媒, 42 (6), 436-438 (2000).

(6) “ニッケル-ホスフィン系錯体触媒による2,3-ジメチルブテン製造”
野村琴広, 鈴鴨剛夫, 佐藤 洋
触媒, 43 (2), 61-62 (2001).(触媒学会賞 受賞技術の要旨)

(7) “反応を精密に制御する遷移金属錯体触媒の分子設計”
野村琴広
有機合成化学協会誌, 59 (5), 498-499 (2001).
「特集号 “今、若手研究者は何を目指しているか”」

(8) “図書紹介:「集積型金属錯体-クリスタルエンジニアリングからフロンティアオービタルエンジニアリングへ」”(北川 進 著、講談社)
野村琴広
触媒, 43 (7), 589 (2001).

(9) “エチレンと環状オレフィンとの精密共重合のための高性能分子触媒の設計・創製 –実験と計算結果を基に-”
王 偉,田中健夫,藤木道也,山中章三,野村琴広
触媒, 47 (2), 156-158 (2005).

(10) “国際会議報告: 第16回オレフィンメタセシスとその関連化学に関する国際シンポジウム”
野村琴広
Organometallic News, 146 (2005).

(11) “ノーベル賞解説:化学賞-シュロック教授のご業績とお人柄”
野村琴広
化学, 61, 16 (2006).

(12) “ノーベル賞受賞者の業績と人柄: 高活性オレフィンメタセシス触媒の開発”
小澤文幸,野村琴広
科学, 18-20 (2006).

(13) “飽和炭化水素のC-H結合の触媒的活性化によるポリオレフィンへの極性官能基の導入”
野村琴広
化学「注目論文」,61, 2, 62-63 (2006).

(14) “高機能ポリオレフィンの環境調和型の精密合成プロセスの提案”
野村琴広,長谷川喜一
環境資源工学,53, 94-98 (2006).

(15) “第5回東京触媒国際会議(TOCAT5)参加報告(重合触媒関連)”
野村琴広
触媒技術の動向と展望2007, 触媒学会 (編), 243 (2007).

(16) “ハーフメタロセン型チタン錯体触媒によるスチレンの立体特異性重合とエチレンとの共重合における触媒活性種”
野村琴広, Byun Doo Jin, 張 浩
触媒, 49(6), 501-503 (2007).

(17) “環状オレフィン系樹脂の精密重合”
野村琴広
「月刊MATERIALSTAGE」, 技術情報協会 (編), 5月号 (2008).

(18) “前周期遷移金属アルキリデン錯体の化学:最近の報告例(Ti)”
野村琴広
Organometallic News, 120 (2008).

(19) “高性能オレフィン重合チタン錯体触媒の設計・合成:MAOの要らない触媒設計”
野村琴広, Prabhuodeyara M. Gurubasavaraj, 板垣浩司, 藤木道也, 蓮見真也
触媒, 52 (2), 86-88 (2010).

(20) “首都大学東京への異動に際して”
野村琴広
触媒,53, 58 (2011). フォーラム執筆

(21) “TOCAT6/APCAT5参加報告(重合触媒関連)”
野村琴広, 福田紘也
触媒技術の動向と展望2011, 触媒学会 (編),338 (2011).

(22) “ファインケミカルズ合成触媒”
野村琴広
触媒,53, 321 (2011). 時評執筆

(23) “研究室紹介”
野村琴広
触媒,54, 481 (2012).

(24) “非環式ジエンメタセシス重合”
野村琴広
有機合成化学協会誌 (解説), 71, 64 (2013).

(25) “開環メタセシス重合‐”
野村琴広
有機合成化学協会誌 (解説), 71, 64 (2013).

(26) “化学実験での観察力・考察力の大切さ”
野村琴広
高校生・化学宣言Part6, 中沢 浩, 松坂裕之 (監修), 207-208 (2013).

(27) “Asian Polyolefin Workshop 2015 (APO2015)”
野村琴広
触媒技術の動向と展望2016, 触媒学会(編), 287-288 (2016).

(28) “時評: 第119回触媒討論会(首都大学東京)の開催に際して”
野村琴広
触媒, 依頼投稿, 59, 1 (2017).

(29) “Ligand effect in (imido)vanadium-alkylidene complexes for olefin metathesis polymerization”
C. Sapanna, X. Hou, K. Nomura
触媒(Catalysts and Catalysis), 59(B), 59-61 (2017).